fc2ブログ

らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

遊戯王5D's 第22話 「暴かれる過去 デュエルプロファイラーvs黒バラの魔女」

遊戯王2200

オシリス・レッドの伝統はある意味守られてたwwww
すべては十代のせいかwww


──────────────────────────────────────
やっぱりデッキを・・
遊戯王2201
イ:「さよう、対戦前に相手のプロフィールを調べつくし、デッキを組み上げるのです」

大会の試合ごとにデッキ組み上げるのはやっぱり公認されてんのかwwwwどのデッキにもあるていど対抗できるように組んどくもんだと思うんだがなぁ・・
しかし、遊星とかカードの手持ち少ないだろうに・・まぁ、そこは主人公補正と運で勝つようにできてるんですね。


デュエルアカデミアにて
遊戯王2202

遊戯王2203

お前、オシリスレッドだったのかおwwww

制服が変わるのは時代が違うからなのはわかるんですが、色は変わらないだろう。
これほど強いのにオシリス・・・なんか十代のせいでできても態度が悪いとみんなオシリス行きになるんだろうなぁ・・・大方、先生にはむかったんだろ。


エクストラデッキが。
遊戯王2204

そこにあったのかwwwwwwww
まったく予想外のとこから出てきたww
キングがデッキと一緒にしてたから、まさか混ぜてたのか!?とか思ってましたが、さすがにそれはなかったか・・・ふぅ。
でも、エクストラデッキを入れるスペースを設けるのなら、そろそろオシリス・レッドの伝統はある意味守られてたwwww
すべては十代のせいかwww除外ゾーンを設けるべきだろjk。いつまでもポケットはかわいそすorz


フェニキシアン・クラスターマリリスの効果
遊戯王2205
フェニキシアンシードを生贄にささげたとき、手札から特殊召喚。このカードが戦闘を行ったとき、バトルフェイズ終了時にこのカードを破壊する。このカードが破壊されたとき、相手プレイヤーに800ポイントのダメージを与える。自分のターンのエンドフェイズ時、墓地にあるこのカードを守備表示で特殊召喚する。

あれ、これだけだと強い気がwwww
ただ、OCG化されるならもっとエラッタがかかるだろうな・・
おそらく、ダメージを与える効果、エンドフェイズの特殊召喚は自身の効果で破壊されたときだけになるんじゃね?


マッド・プロファイラー
遊戯王2206
このカードは自分のフィールド場のモンスター3体を生贄にささげた場合、特殊召喚することができる。自分の手札を1枚捨て、そのカードと同じ種類のフィールド場のカード1枚を除外する。

うーん、まぁ、微妙としかいいようがないww
特殊召喚だから、トークンが利用できるのはいいけど、出した割りに手札コスト、しかも種類に依存なのはなぁ・・まぁ、除外なのはすごくいいんだけど。というか、このカードが破壊できるのはもしかして表側のカードだけなのか!?
罠捨てて、裏側選択したら、魔法でしたとか、そういうの回避するために573はエラッタかけそうだなぁ・・orz
どちらにしてもそこまでつかわねーww


カース・オブ・ローズ発動
遊戯王2207
相手モンスターの攻撃力に変化があったばあい、そのモンスターの元々の攻撃力と変化があった分だけ相手にダメージを与える・・・

うーん、意外に面白い働きするかも。
収縮でダメージ+殴ってみればダメージだし、相手のオネストにあわせれば、十分ダメージ返せるし。
あとは、相手のモンスターに巨大化とかつかって2倍にしてみれば面白いんじゃね?
ただ、ダメージステップ時に発動した効果に本当に使えるのかがすごく気になるけど・・・
というか、永続ならつよかったのに・・・


シナリオ:4
構成:5
作画:3
萌え:3
面白さ:4
シリアス:4
声優:3


今回の作画はいったいどういうことなんだろうか・・・(´・ω・`?

↓よければ一押し(ポ)




にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



遊戯王5D's  | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<とうとうやっちまった… | HOME | ほんたん来たおwww>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

遊星との死闘の末、敗北したボマー。だが、ボマーは自身の復讐のため、ゴドウィンにその刃を向ける。空しくゴドウィンの義手によって、その刃は阻まれる。セキュリティに連行されるボマー。遊星に「自分の使命を果たせ」と言い残し去っていくボマー。デュエルは続く。選手... …
2009-08-22 Sat 21:50 ぺろぺろキャンディー
| HOME |