fc2ブログ

らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第3話 「アイドルとマスター」

えー、ぶっちゃけた話、感想を書くのを本気で忘れてました(゜Дぇ
書こう書こうと思っているうちに気がついたら3話になってたオチ(笑

まぁ、暇が見つかったら、1、2話の感想もアップするつもりです。


さて、講習中のシーン。
20070425031522.jpg

今回やっとidolの作成理由がわかりました。
「大量破壊兵器を所持できない我が国ではドロップにidollで対応することになったの。」とあずささんがおっしゃってましたが、
あれも十分な兵器だろ!!
あの速度で落下してくる隕石に対して殴って破壊ってどういうこと?
しかも、数字で書いたら数えるのがはなはだ面倒になるくらいの熱エネルギーが発生するにもかかわらず外装に異状も見られない。
近接戦闘だったら、最強ですよ(´дぉ。
idolが2機しか配備されていなかったのはそういう配慮なんでしょうか?

しかし、大量破壊兵器がもてないからって、自衛隊とかなら適当に軍備拡張して持っていそうなきもしますが。
いやいや、そういう国家関係に口出しいてはまずいですな(´д

それにもう1点ツッコンでおくと、
国際レベルで認可されている機関の割になぜわざわざ東京の地下に基地を作る必要があるのか。そりゃ、交通が便利とかそういうのもあるでしょうが、idolが発進するたびに、周りに影響が出るのはどうかと。
それだったら、東京近郊の土地買い取って、基地をちゃんと作ったほうが良さそうな気もしますけどねww


んで、インベル格納庫跡地。
20070425031456.jpg

この良くわからないおっさんがインベルを『星の王子様』と呼んでましたがコレはは皮肉でいっているだけなのでしょうか?それとも何か裏があるのでしょうか?


で、お着替えのシーン。
20070425031406.jpg

今までもOPやら他の人が着てたりで、今更って感じもしますが、春花が着たのは今回が初なのでツッコミを。
はっきり言って、この上着はおかしいでしょ。真面目に着心地悪そうだよ。
特にこの丈の微妙な長さ。せめて普通のジャージっぽいかんじもしくは最初から着ないとかさ。
とりあえず、自分ならカッコ良さうんぬん言う前に、まず着たくないと。


さて、インベルと春花のココロが同調したっぽいシーン。
20070425031353.jpg 20070425031445.jpg

いい演出だなぁとか思いつつ、やっぱりツッコミたいことが。
跡地でのおっさんが「もう、動かないと思ってた」と言った点から、以前はちゃんと稼動していたということがわかります。
ということは、インベルが機動を拒んでいた理由は春花の「久しぶりに出て、あんな目にあった」から、というよりも動かなくなった以前に問題があるのでは?
まぁ、事実はこれからということなんですが。

今回、インベルにはココロがあるっぽいことがわかりましたが、それは他のidollにもいえることなのでしょうか?
それって、結構重要な問題だと思うんだけどね。


↓よければ一押し(ポ)


にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト




アイドルマスター XENOGLOSSIA | コメント:0 | トラックバック:2 |
<<らき☆すた 第3話 「いろいろな人たち」 | HOME | オギーが帰ってくる!・・コホン、コホン。げんしけん2期キタ──!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

 今回は1話丸々かけて春香がインベルを起動させるまでのお話なんですが、いきなり乗れちゃうんじゃなくて、もう少し練習とか特訓とか稽古とかそういうお話の方が良かったと思います。 なんていうか「あ、乗れちゃった …
品質評価 22 / 萌え評価 15 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 4 / お色気評価 21 / 総合評価 13レビュー数 118 件 …
| HOME |