らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゼロの使い魔Fカード考察 その5

       

ストック2枚以下なら0コスト相打ち。

杏の亜種であり、向こうが4コス貯まってからなのに対し、こちらは2コスト以下。
つまるとこ、杏の発動が遅いため0レベル弱いが1レベル上がる頃には強くなっている。対して、こちらは0レベルの間は0レベル相打ちとして使いやすい代わりに、1レベルになるころにはただの2000バニラとなってる可能性は高い。どっちが強いかと言われたらそりゃ杏なのだが、ゼロ魔に0レベル相打ちがいるだけで僥倖と思うしかない。

まあ、別に弱い訳じゃないので。
ただ、ゼロ魔は一度集中が当たり始めると、連鎖してアドを取り始めるので、1レベルに上がったらコストはあまり減らないので、相当なことがないかぎり相打ち効果はないと考えるべき。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<極限突破カード考察 その7 | HOME | 戦姫絶唱シンフォギアカード考察 その5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

ストック2枚以下なら0コスト相打ち。杏の亜種であり、向こうが4コス貯まってからなのに対し、こちらは2コスト以下。つまるとこ、杏の発動が遅いため0レベル弱いが1レベル上がる頃には強くなっている。対して、こちらは0レベルの間は0レベル相打ちとして使いやすい代わりに... …
2012-04-11 Wed 21:05 まとめwoネタ速suru
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。