らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

戦姫絶唱シンフォギアカード考察 その4

       

1/1/6000のハンドアンコとCXシナジーで相手ターンの終わりまで1500パンプ。

対応が2000+1なので、盤面は取りやすいしアンコール持ちなのも評価できる

ただ、逆に言えばCXがないとちょっとげんなりする。環境に会わせるなら、6500の1000パンプならもっと評価は高かったかもしれない。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<極限突破カード考察 その5 | HOME | 戦姫絶唱シンフォギアカード考察 その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。