らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ギルティクラウンカード考察 その13

       

ソウルマイナスとCXフェイズの初めに1コス手札1枚破棄って相手のキャラ1枚を空いている枠にスタンドして移動して自身1000パンプ。

毎ターン相手のキャラ動かせるとかちょっと意味わかんない。おまけにパンプするしソウルマイナスだし。
もちろん枠が空いていなければ使えないが、逆に言えば盤面さえ1度取って1枠空けれればいいわけで、そういう意味ではこの条件は非常に緩いと言える。
もちろんネオス環境でも強いのだが、黒環境では有効な後列対策カードがリョウサカザキと飛天、あと、美鶴&アルテミシア程度だったこともあり連続で使用できる環境ではなかった。しかし、このカードによりチャンプして、シリルで回復する動きに歯止めがかけられそう。
まあ、どうせこれいれて、シリルもみんな入れるのは知ってるんだけどね(笑)
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ラストエグザイル-銀翼のファム-カード考察 その17 | HOME | ゼロの使い魔Fカード考察 その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。