らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ギルティクラウンカード考察 その11

       

CXシナジーで殴った時、相手ターンの終わりまでパワー+2000し、ソウルマイナステキスト追加。
このカードが殴られた時にデッキトップ操作、そして、シフト3。

シナジーテキストは弱くはないし、トップ操作効果と噛み合ってるのは強い。
ただ、シフト3って。

3レベもってこれるのは偉いけど、3レベって正直極力くらいたくないし。3の0でクロックにこれ置いて入れ替えるとかもありえるけど、それだったらこれ置かなくてよくね?って思う。
こいつのテキストが締めの効果なら最後ダメージ食らって流れてくるのにかけるってこともできるけど、これどうみても返しのターンに備えるカードなわけで。。。

ただまぁ、使ってみると実は使いやすいのかもしれないねぇって感じ。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゼロの使い魔Fカード考察 その1 | HOME | ラストエグザイル-銀翼のファム-カード考察 その12>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。