らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ベン・トーカード考察 その8

       

スパーク効果で相手のターンの終わりまでリタイアの《電脳》1枚につき+500/+500。
2点目から4500パンチャー、5点目で6500パンチャーと効果は超使いやすい。
が、このての効果には珍しく自ターンの終わりではなく、相手ターンの終わりまでなので、自ターンに降れば強いが、相手ターン中にスパークするとあまりよろしくない。もちろん、素の防御が硬いので、中盤以降なら防御1万とか余裕となり、PAとかがなえれば割られにくくもある。
とりあえず、自ターン中に降らせることが理想なので、サクる系なりとにかく自ターン中に多くスパークさせる構築が欲しい
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペルソナ4カード考察 その24 | HOME | ベン・トーカード考察 その7>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。