らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雷竜の鳴動カード考察 その1

       

LB4でVへのアタック時パワー+5000。
Vへの登場時CB2でグレ2以下除去。
LB4と、ややダメージ的には遅いものの、ノーコスで5000上昇できるのは当然強い。
というか、後ろに8000バニラ置いて23000できるのが偉い。
また、Vのみだけど、登場時のバーサーク効果も弱いわけがない。
が、最近先攻でグレ3上がってもバーサーク警戒してR置かない状態が多いので、不発になりそうな気が。
まぁ、その場合はバーサークにコスト回せばいいのか。
ただ、パワーが上がって強いとかその他もろもろをひっくるめても、最終的に行き着くのは受けが1万という話。
まぁ、気分的にはアルフレッド使うよりかはマシかなぁみたいなw

スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シャイニングブレイドカード考察 その3 | HOME | ペルソナ4カード考察 その23>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。