らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔法少女まどか☆マギカカード考察 その33

       

cip回復とCXシナジーで自身思い出にしてデッキから「戦い続けるほむら」を特殊召喚し、相手のターンの終わりまでパワー+3000。
チェンジがレベル応援であり、正直やや使いにくい。が、ドローフェイズ前チェンジであり、自ターン回収イベントもあるので、チェンジ後にそのまま回収から出すこともできなくはないのはまだいいか。
で、注目は、ほむほむへのチェンジ。対応CXがトレジャーなのがやや残念だが、逆に言えば、手札にきやすいので、シナジーは他のものよりもやりやすい。が、チェンジが山札なので、もし残り山札に入っていなかった場合は思い出に飛んでいくだけなので非常にキツイ。確実に序盤からストックのほむほむが入っていないかどうかを記憶しておく必要がある。ほむほむ自身の1500パンプはこいつが1枚でも思い出にあればいいので、実際のところチェンジ効果は1枚使えれば十分というのはある。3枚展開して3枚チェンジすると返しのターンまでそうとう気持ち悪いことになるが、そこで打点が止まらない場合、返しの回復方法がほぼなくなるのでやりすぎには注意が必要。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<歌姫の饗宴カード考察 その8 | HOME | 魔法少女まどか☆マギカカード考察 その33>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。