らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔法少女まどか☆マギカカード考察 その31

       

CXシナジーで殴った時に他の前列キャラがスタンドしてなければパワー+7000。
シフト2。
さて、要は一番最後に殴れよってことなんだろうけど。どうなの?
対応CXは宝なので、手札に来やすい点は使い勝手がいいのだが、この手の1箇所だけパワー上がる効果ってせめて、シナジー無しで単品解決してるから強いのであって、CXシナジーになるとうーんってなる。特にレベ2。
もちろん、CX込で15500なんておそらくどこでも勝てるので狙って損はないのだが、CX打ちたい時と効果を使いたい時が必ずしも一致するとは限らないわけで、そういう意味でCX処理したいために7000程度の相手にCX打って返しにデカイの出てきた時の悔しさとか。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<歌姫の饗宴カード考察 その7 | HOME | Fate/zeroカード考察 その15>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。