らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔法少女まどか☆マギカカード考察 その24

       

他の《魔法》のキャラ3枚以上でパワー+1000。
アタック時にCXシナジーで自分の他のキャラを1体を思い出飛ばして次の自ターンのドローフェイズに帰還。
CXシナジーで相手ターンの終わりまでこのカードのパワーを+2000。

まず、永続効果。さやかと同じでおそらくほぼ8500は維持できるので、最低基準は満たしている。
思い出飛ばしは、自分のリバースしたキャラを飛ばせということなのだろうが、正直この効果だけなら「あの夢で見た光景 由夢」みたいな上位互換もいるため、一概に強いかは微妙。
ただ、向こうは負けても勝ってても次のターンに確実なアタッカーに出来るが、こちらはある程度のステータスがないと次もチャンプになりかねない。逆に言えば、圧縮して次のターンも3レベに上がんねーよって人が使うと安定したアタッカー確保カードになる。ただ、この効果で飛ばしてパワー下がってってのは面白く無いので、確実に2面維持できるようにしたい。
最後のパンプ効果。まさかの対応がソウル+2であり、上昇値が10500で終了。せめて、せめて袋であればもうちょっと何かあったかもしれないのだが。なんかもう完全に圧縮ソウルビートみたいな感じになりそう。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<歌姫の饗宴カード考察 その3 | HOME | Fate/zeroカード考察 その9>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。