らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

双剣覚醒カード考察 その38

       


ネオネクタールのスターター。
R移動後、このカードのアタックがヒットすると「ブレイドシード・スクワイア」に進化。
一応その後のチェンジギミックの元手にはなっているけど、どうみてもグレ1にチェンジして終わり。
というか、グレ1にチェンジするためにコイツを前に出してアタックしてガードされるとなんとも悲しくなるので、無理していくのかどうかをまず考えるところから話が始まる。
かげろうとか昔から2ダメ与えるとバーサーク飛んでくるからやりたくないってのはあったけど、最近はジエンドのためにコスト残しておきたい風潮から2ダメ与えてもバーサーク効果を言われることが少なくなったので、そこまで悩む必要はなくなった。とはいえ、どちらにしろ餌を出すことに代わりはないので、止められて、返しにてきとうなグレ1に殴られるのも正直考えものではある。
一応、ネオネクには11000サイズ以上がそこそこいるので、単純に後列に置いておいて16000ラインを作るというだけでも十分だとは思っている。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~カード考察 その21 | HOME | 魔法少女まどか☆マギカカード考察 その12>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。