らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ラストエグザイル-銀翼のファム-カード考察 その8

       

スパーク時に任意1ドロー。1ドローしたら相手エネブースト。
ベンチ参照しない上に、ドロー任意でそれに対する対価が相手のエネブーストとか。
正直、序盤のエネブーストはそこそこディスアドだけど、こっち1ドロー入っているので、アド差はトントン。むいろこっちの方が微アド。中盤以降はエネルギーなんて相手がbibiでも使わない限り、基本的にどうでもいいので、こっちの一方的なアドバンテージになる。
相手がブレブレとかなら、トップ操作した1枚をエネルギーに埋められるという意味で、プラス以外の何者でもない。
おまけに、2レベで、この効果で、このスペックはちょっとチート。ついでに、パートナーは前々回のサクってベンチに下げるあれ。弱くなーい。
元々、なんかの書籍で公開されていたため、もはやこれだけのためにTDの予約をしてしまった感がプンプンする。
というか、最初、書籍と番号が違ったため、TD2限かとおもったが、番号修正されてるので、どうやら、TD4限くさい。とか思ってたら、今回はTDの枚数順が逆だったらしく、TD1限とかちょっと泣きそうなレベル。あれ、追加2個行くの?サイン目指して?うそーん。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<双剣覚醒カード考察 その6 | HOME | 双剣覚醒カード考察 その5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。