らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コミックスタイルvol.1カード考察 その11

       

ライザーを含むカードがいないならパワー-2000。
ソウルのライザー1枚につき自ターン中パワー+3000。
ソウルのライザー4枚以上で自ターン中栗+1。
このカードがVに登場した時、フィールドのライザーを含むカードをすべてソウルに。

というわけで、なんかすっごいでっかいのがきた。
ソウルにライザー4枚入れて、後ろに8000ブースト置くと、31000栗2みたいな。
それはすっごく気持ちいいなって思いはするけど、なんかアモン臭いって意見も。
登場時にライザーぶちこむわけだけど、そのせいでフィールドがら空きってのがアモンに近いみたいな。むしろ向こうが除去かませるのに対して、こっちは自分の損失だけなので、そこの釣り合い。
もちろん、バトルライザースタートで、グレ1、グレ2もライザー系にライドしていった場合、損失は1枚で済むから悪くはない。逆に言えば、ソウルに入れるタイミングがグレ3になるまでしかないので、もし、引けなかったらこいつ結構ゴミみたいな。とはいっても、バトルライザースタートなら、最低限14000にはなるから、もう無理をしないでそれだけの最小アドバンテージで回すデッキでもいいのかもしれない。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<WSポータブル白黒学園グランプリレポート | HOME | コミックスタイルvol.1カード考察 その10>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。