らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~カード考察 その3

       

自身レストでリングの《錬金術》を手札に戻す。
言ってることは超強い。が、この手のレスト効果で連発できる状況などほとんどない。
というか、中盤から終盤の1点入るかどうかが重要な状況で、あえて2パンにするとか、PB怖くてできません。
横2体がパートナーなら1チャンくらい。
ダメージ差がつきにくい序盤ならアリだけど、手札オーバーしそうだし、むしろ後ろさげるよねって話。
ベンチ全部埋まってて、手札にゴミしかない状況で、無理やり適当なのリングに置いてバウンスして、リング入れ替えとか・・・?うん、まぁ、そういうこともできるよ程度でいいと思う。
とりあえず、いつもどおりだけど、パートナーと《錬金術》次第なんじゃね。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<僕は友達が少ないカード考察 その2 | HOME | 虚影神触カード考察 その39>>

この記事のコメント

リングバウンスだから横2体パートナーって状況狙って起こすこと出来なくね?
2011-11-12 Sat 08:20 | URL | やぶちー #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。