らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

虚影神蝕カード考察 その32

       

Vにアンバーシリーズがいないならパワー-5000。
アタック時に+2000。
アンバーシリーズがいれば強い。そりゃ分かってる。
問題はいなかった時。ブースト時に7000か。本来2万ライン作っちゃうぜ!って言って後ろに8000置いてるとしたら結局15000は作れるから、実はしくってもそこそこいけそう。
まぁ、8000引いて置いてればの話ですが。
アンバースタートのメリットが基本的にないので、結局コンロースタートを押してるのは前々から言ってますが、これの後列のバーを持ってくるという意味でもやっぱりコンロー安定なんじゃないかと。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テイルズ オブ エクシリアカード考察 その5 | HOME | ペルソナ4カード考察 その14>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。