らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペルソナ4カード考察 その13

       

ストックが4枚以下ならパワー+2000。
舞台上のこのカードは「主人公&イザナギ」としても扱う。
手札から舞台に出た時トップ3枚見て、その中から1枚選んで手札に加え、残りを控え室に。

まず、パンプ効果に関して、3レベではめずらしく制約が「~以下」。
従来のようにストックを貯める必要性が無いため、他のカードとの展開もしやすい。また、カウンターを打ってコストが足りなくなりパワーが下がることがないので、計算違いが起きづらく、むしろ、ストック5枚で止めていても1コスカウンターで大幅な強化ができ3のも優秀。ただ、ストックの関係で殴る順番をはじめにしておかないと殴った時にパワーが下がるようなことはしたくはない。
次に、名称効果だが、主人公デッキならば、白鐘 直斗は必須なので、それに対応していることもあり、単純に名称が変わるだけではないメリットが色々ある。
最後に出た時のサーチ効果。アド的には2ドロ1ディスと同じだが、3枚見て選べるためなかなか使いやすい。単純に初号機のようなドロー加速とは意味合いが違うので弱いわけがない。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<虚影神蝕カード考察 その29 | HOME | テイルズ オブ エクシリアカード考察 その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。