fc2ブログ

らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

マクロスFRONTIER #13 「メモリー・オブ・グローバル」

マクロス00000000


緊急特番!盗撮犯アルトの実態に迫れ!!

──────────────────────────────────────
茂みから出てきた・・
マクロス00000001

どう考えてもバジュラだろwwww
ほっとしてる2人ですがどうかんがえてもまずいだろうjk。
今更ですが、バジュラってどことなくレギオン(ガメラに出てくれあれね)に似てない?


トイレに行きたいの・・・
マクロス00000002

アルトはトイレと分かっていた上で焦らしてたんですね、わかりますwww
ア:「何がいるかわからないんだ。どうしてもっていうんなら俺も・・」
アルトはどう考えても、盗撮したいだけです、本当にありがとうございました。
ランカが悲鳴上げたあと、超高速で飛んでいきます。どう考えても待ち構えてたんですね、わかります。

・・・この変態がぁ!!!
なんてうらやま(ry


グレイス・JUMP!!
マクロス00000003

やっぱり人間じゃないわけだ。
これは、別の生物だから持ってる力なのか、インプラントとか体内を機械化させた恩恵なのか。
さてどっちなのだろうか。


残された写真
マクロス00000004

なんと都合のいいくらいランカの写真が残ってんだおwww
ちなみに、ランカの横の人は誰なんだろう。途中回想でも出てきたが、やはり母親と考えるのがセオリーか。
しかし、石が割れたとたんに中の写真まで壊れるっていったい。それとも、これは写真ではないのだろうか。


お腹が・・・
マクロス00000005

えっΣ(゚□゚(゚□゚*)
なにこれ。バジュラ妊娠フラグですか?
ずっと前にインフィニティ歌ってたときにも光っていましたが、今回はもっと的確についてきましたな。
さて、バジュラの母体のお腹が撃たれた直後にランカのお腹が光りだしてるので、そういうところでバジュラとシンクロしてるてことなんかな。


ミハエルがまた余計なことを言ったせいで・・
マクロス00000006

ミ:「いい女だね。ほれちゃいそうw」
シ:「・・・I have!」
ここでシェリルにコントロール渡したらどう考えても死にますww
ところで、シェリルはいったいどれくらい操縦できるんだろうか。えーっと、確かスラスターってこのボタンよね。みたいな感じなんだろうねwww


グレイスがぁwwww
マクロス00000007

改造人間かと思ってたら、何ぞこれwwwww
生物兵器とかむしろバジュラとかそっちに近い希ガス。
ところで、彼女が起動させたディメンション・イーター。
まぁ、そのまんま次元侵食発生装置ってことなわけで、手軽にホールド断層を作り出すってことでいいなかな。

というか、発動した後、どうやってグレイスは退避するのかと思えば、普通に飲み込まれてますおwww

と、言うことは、グレイスにはクローンがわんさかいるとか、はたまた飲み込まれた後にも個人での次元跳躍が可能とか?

あるとすれば、前者っぽいんだけど、どうなのか。
大体、個人での次元跳躍やるだけの技術があれば、普通にクローン作ってるだろうしねww

あと、気になったのは、このあと、グレイスはシェリルの元に現れるかどうか。普通に考えたら生きてるわけはないので、マネージャーとしては絶対に戻ってこないはず。
敵としてでてくるかどうか、そこが重要ですな。


ディメンション・イーター・・・
マクロス00000008

テラでけぇwwwwww
ほぼ惑星サイズじゃなイカwww
ガリア4がどれくらいの規模の星なのか知らないが、それでもこのディメンション・イーターの大きさには驚き。
これはもうちっと、内部で発動させるか、ミサイルとして敵陣に投げ込むってのが最善の策なんだろうか。

ところで、これが侵食した跡っていったいどうなってんの?
ぽっかり穴が開くという感じでおk?
これで核とかがむき出しになったら、いったいどうなんの??


シナリオ:4
構成:4
作画:5
萌え:3
面白さ:4
シリアス:4
声優:4


どうでもいいんですが、星間飛行の「キラッ!」の部分が頭から離れない・・

↓よければ一押し(ポ)




にほんブログ村 アニメブログへ


スポンサーサイト



マクロスFRONTIER  | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN13 「過去 から の 刺客」 | HOME | 高町なのは二等空尉の設定資料を描いてみた。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |