らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ミルキィホームズ怪盗帝国の逆襲カード考察 その4

       

探偵が2枚以上ならハンドアンコと、1コスCXシナジーで相手の後列を殴れる。
従来の後列殴りは1レベ帯に多かったが、パワーも届かないサイズではないので、カウンターされることも多かった。セイバーに関しては強ラインだったけど。
しかし、2レベに出たことで、かなりの確率で倒せるし、レベル応援も視野に入れられるのはでかい。
また、もともとミルキィの黄色はソウルゲーの要素が強く、チャンプorハンドアンコでつないでいくのがリアルだったので、そういう意味でもこのアンコール効果は強い。
というか、ハンドアンコして、毎ターンCXぶっぱすれば相手ジリ貧で潰せる気がする。
個人的にはかなり期待したいカード。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ダ・カーポ ジェネレーションミックス3カード考察 その3 | HOME | 花咲くいろはカード考察 その6>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。