らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

竜魂乱舞カード考察 その32

       

グランブルー版グレ3スペリオルライド。
アリフと似ているがこちらは自身の効果でライドするため、自身が落ちていないとダメとややめんどくさい。
その分グレ2はなんでも構わないメリットがある。
種となるサムライスピリットにも蘇生能力があり、お化けのチャッピー等で確実に落とせるのならば、事故回避能力面ではアリフよりも使い勝手が良い。
イービル・シェイドの存在により、アリフのようなパンプ効果がなくとも2万を作れるため割と優秀。
ただ、アリフのようなSBに効果が直結していないので、種とする2種類が無駄になりやすく(バスカークを使うなら別だが)、それならばモンスター・フランクをピン投してチャッピーで落とす形の方が効率は良さそうな気はしなくもない。相手に警戒されて2点で止められると色々めんどくさいが。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神のみぞ知るセカイカード考察 その14 | HOME | 化物語カード考察 その10>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。