らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神のみぞ知るセカイカード考察 その13

       

このターン中にベンチに置かれていたのなら、エンド時にベンチかリタイアのカードを1枚サーチ。
「ベンチに置かれた」という表記なので、リングから下がろうが、手札から出ようが構わず発動できるのは強い。サーチ対象がベンチかリタイアと限定的ではあるが、最低限コイツ自身がサーチ出来るわけだし、中盤以降ならだいたいのカードはリタイアにあると考えられるのでかなりのサーチ性能と考えられるだろう。
逆に問題点としては、発動タイミングがエンド時なので、同一ターンに連鎖的に展開できない点や、コイツをパートナーにしているキャラを引っ張ってきてのビートできない点が上げられるが、序盤、中盤程度ならば1ターンのズレはなんとかリカバリーできるし、キャンセルや擬似PBなどを持ってくれば、タイミングの遅さは問題にならない。
問題は、コイツをパートナーにしているキャラがいるのかどうか。いるのならば、中核に据えても割と問題なさそうな感じがする。
というか、さりげなく、スタン構築でも万能的に使えるので狙ってみるのもアリな気はする。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<化物語カード考察 その10 | HOME | 竜魂乱舞カード考察 その31>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。