らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Rewriteカード考察 その2

       

どっか5000パンプしつつ、集中でドロー。
先に集中の方だけど、相手が数字を指定し、めくってその枚数の《オカルト》ならばその枚数ドローとなんとも相手頼みな効果。オカルトデッキならば、2枚以上はめくれてしまうので、どうみても相手は1を宣言するだろうし、当たるにしろ、ハズレるにしろその数がもっとも相手にとってみれば良い数値と非常に涙目な集中。
つまりオカルト枚数が半分くらいのデッキに入れて相手の意表をつくか、ただの5000パンプイベントとして使うかどっちかが正しい。集中はおまけの中のおまけみたいな。
しかし、カウンターでもないこのイベントをいれる隙間がどれほどあるのか不明。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<竜魂乱舞カード考察 その30 | HOME | 神のみぞ知るセカイカード考察 その11>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。