らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

騎士王降臨カード考察 その13

       

SC1で自ターン中+2000。SB8、CB5でヒット時に相手のRを全除去。
SCしつつ+2000なので、理にかなっている効果であり、適当に後列を8000バニラにしておけばそれだけで2万になれるエライ人。また、SBの方だが、ヒットしたときとはいえ、相手のRを全除去は強い。ボーデックスドラゴンがヒットせずとも破壊できるが、こちらはヒットしなければならないとその差はかなり違ってくる。まぁ、向こうは3枚と限定的なのだが。逆に言えば、こっちは相手に何がなんでもガードさせることができるので、15000、または20000くらいのガードを消費させられるので、実はなんだかんだで強い。
ただし、これで組もうと考えた場合、通常のロイパラ単には入らない。
アルフレッドとか邪魔なので入らないし、ボールスさんもコスト消費するのでいらない。というわけで、非常によくわからん構成になりそう。で、最速で効果発動に繋げるために、未来の騎士リューからのブラブレチェンジの選択肢になって・・でも回復で裏コストを回復できないときついよね?って話で・・・うーん、すごく心配だなぁ。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヴァンガードの多重化スリーブについて | HOME | 刀語カード考察 その6>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。