らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

騎士王降臨カード考察 その7

       

Rから墓地に置かれたとき、CB1でデッキから「鉄壁竜シールドン」を1枚手札に加える。
Rから墓地にということなので、インターセプト使ってガーディアンサークルを経由してもRからという扱いになるのかどうかがイマイチよく分からない。できるのならば、効果としてはそこそこ優秀。
ただ、自身のスペックがちょい弱いのと、サーチ対象に問題がある。
サーチ先の「鉄壁竜シールドン」だが、今のところ効果が分からないが、アニメ第9話で井崎君がスターターに据えていた。パワーが6000なのは確定しており、「翼竜スカイプテラ」にライドするときに、一瞬だけ「鉄壁竜シールドン」が映るのだが、右上にトリガーアイコンなかったため、おそらくただのバニラ。
シールドが10000あるとはいえ、《たちかぜ》でデッキをつくろうとした場合、グレード0が、トリガー16枚+シールドン4枚(ここは任意だが)とか、無駄が多い枚数になる。トリガー持ちでデッキに返れる効果があるのならば、シールドンの枚数も変化できるが、そうでないなら、スターター分のシールドンも含めてやはりレベル0が20枚近くなる。
さすがにそれは無駄が多いので、普通にバニラとか積んでおいたほうが優秀な気はする。一応、たちかぜのトップである、デスレックスの効果とシナジーしているが、それこそ、井崎君が使っていた自身を手札に戻せるスカイプテラの方が効率がいい。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<けいおん2期きたね | HOME | 刀語カード考察 その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。