らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

騎士王降臨カード考察 その6

       

V効果で、アタック時パワー+5000と、ヒットしたときにRを1枚退却させる効果。
Rをサクっちゃう効果は前もって適当なRで殴っておいて、それを生贄にすればいいだけだし、そもそも、あと1点くらいにしておけば、どうせガードされるので、どこから殴っても問題がない。
そもそも、CBなしで、15000を作り出せ、ブーストして21000~23000+αと見れば、相手が止めるとなると、15000+αを切るわけで、手札3枚以上はもっていけるとなかなか使い勝手が良い。
ただ、普通に考えて、中盤ならば、こいつのアタックはスルーするので(勝手にRを減らしてくれるわけだし)、できれば、中盤には出したくない。少し無駄になるかもしれないが、中盤までは他のグレード3をヴァンガードにしておいて、終盤からライドさせるほうが効率的である。とりあえず、前述したが、相手があと1点になればコイツの効果は実質ノーコストになるので、その時は相手の手札が6枚以上あっても、2ターンくらいで終わらせにいける力を持っていると思って良い。

ちなみに、前回くらいから使ってましたが、個人的に言いにくい言葉を省略して使いたいと思います。

現状の効果↓

CB:カウンターブラスト
SB:ソウルブラスト
SC:ソウルチャージ
V:ヴァンガード
R:リアガード
ガード:ガーディアン

今のところはこんな感じかな?

使い方として、CB1って書いたら、カウンターブラスト1コストって意味だと思ってください。
効果が増えたり、書き忘れてたりしたら、その都度どっかの記事で書いていくつもりです。

スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<これがエントロピーってやつか/// | HOME | マクロスFカード考察 その4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。