らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

騎士王降臨カード考察 その1

       

とりあえず、TDも買ってルールとかカードの強弱もだいたい分かってきたので、遅くなりましたが、カード考察をしたいと思います。すでに公開されたカードはもうどうしようもないので(過去ログ残ってないし)、金曜日に公開されたこのカードだけは保存していたので、ここから書きだそうかと思います。

永続効果で、《ロイヤルパラディン》1枚につきパワー+2000と、3コスでグレード2以下の《ロイヤルパラディン》をサーチし、リアガードにコールする。その代わり、このカードはブーストされないデメリット効果を持つ。
ブーストされないが、リアガードを全て《ロイヤルパラディン》で埋めてしまえば、自ターン中2万と、バニラからブーストをされるよりもよほどまともな補正を受けられる。どうせブーストできないので、できればこのカードの後列にはタップ効果持ちなどを配置したい。
また、起動効果では、3コストとそこそこ重いが、手札を消費せずリアガードを出せるのは強い。出す先としては、ギャラティンあたりのバニラが妥当だろうか?効果による登場なので、ブラスターブレードの効果は発動できないため、やはり、バニラを据えるのが安定だと思われる。
しかし、コスト面とクランを考えると、こちらよりもブラスターブレードをうまく噛みあわせられる、ガンスロットのほうがレベル3としては使い勝手があるかもしれない。
ただ、いくらガンロットが3コストでクリティカルとパワーを上げようとも、その1発を防がれるとキツイことには代わりはないため、相手のハンド削り、つまりガーディアンを消費させるという面では、コストもかからず高い数値を維持できるこちらのほうが強い。
ガンスロットが短期決戦型なのに対し、こちらは長期戦型なので、相手のデッキ特徴と盤面を見ながら考えたい。
つまるところ、アイチ君のようにレベル3はガンスロットとアルフレッドの共存で要所要所で使い分けるプレイングが必要なのだろう。
スポンサーサイト

ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<騎士王降臨カード考察 その2 | HOME | .hack//Linkカード考察 その13>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。