らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シャイニング・ハーツカード考察 その16

       

よくあるスパークでパートナーアタックを得るカードの亜種。
今回は、リタイアが負けているなら、ベンチのキャラ1体にパートナーアタック技を付与。
つまり、1度技を与えていれば、コイツをベンチに下げようが、潰そうがなんでも構わない。
よく、ベンチが1枚しかない状態で「次のアタックがPA」のやつが落ちてきて、でも、さげないとーとかいう状況は意外によくある。そうでなくても、ベンチ埋まっていて次出したいキャラいたんだがーってのもある。
まぁ、後者の場合、そもそもステータスが3000/6000だからだいたい2タテできるし悪くはないと思うけど。
とりあえず、亜種は亜種なので、どちらがいいかは人次第。
こっちはあくまでリタイア依存だし、防御低いからよわよわーとか思う人は、それでいいと思う。俺もどっちが強いとかはよくわからん。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シャイニング・ハーツカード考察 その17 | HOME | 禁書目録Ⅱ&超電磁砲カード考察 その18>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。