らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テイルズ オブ グレイセス f カード考察 その23

       

イラスト的にはRRっぽいけどRなカード。
効果は2つ。1つ目はスパーク時にリタイア元素があれば空きベンチに下がれる効果。
2つ目は、ベンチに下がったときに相手のベンチのレベル3のカードを1枚除去。
まず、1つ目の効果に関して、エステル・ブライト-準遊撃士-でも体験しているように下がれる効果はそれなりに発動できる。まぁ、ややプレイングも必要ではあるが、それでも全除去の後に降ってくるとか結構あったりする。
また、防御が500高いので、少しだけ1パンで落ちにくくなっている点も優秀。
そして2つ目が、ベンチに置かれたときに発動する効果なので、必然的に1つ目の効果とも連動している点も非常に優秀。レベル3除去と序盤にはあまり活用できないだろうが、中盤以降ならまず間違いなくベンチに鍵となるレベル3が居るはずなので、そこを狙い撃ちできるのは強い。ましてパートナーだった場合なら尚更。
あとは、こいつのパートナーが強いのかどうか。まぁ、弱くてもパートナー無しで数枚いれちゃってもいいとは思う。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<怖い怖い・・・ | HOME | 禁書目録Ⅱ&超電磁砲カード考察 その9>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。