らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テイルズ オブ グレイセス f カード考察 その6

       

リタイアが負けていればその分PAになる効果。
サイズ的には3人の妹たちに近いが、PAのしやすさで見ればまるでゴミのよう。
効果で3タテをするためにはリタイアが3枚も離れていないとダメであり、また、3タテしてもトントンに戻すだけ。
つまるとこ、攻めるカードではなく、押されているときに盤面を戻すカード。
そういう意味では悪くはないのだが、やっぱりスパークして降ってきたときとか、1パンで持って行かれる可能性があるのはよろしくない。
現実的な話をすれば2タテをするカードであって、本来のPAを含めて初めて3タテができるかできないかといったレベルなのでそれでも入れたいという人でなければ入れる必要はないと思う。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テイルズ オブ グレイセス f カード考察 その7 | HOME | 探偵オペラミルキィホームズカード考察 その26>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。