らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もっとTo LOVEるカード考察 その7

       

手札が1枚以下なら自身バウンス。
ToLOVEる自体がドロソのないビートなので、ハンドが減りやすく噛み合ってるといえば噛み合っている。
ただ、スパーク依存であるため、常時手札1枚以下を維持するのは怖い。
ナナの効果がモモ依存なため、コレを入れるならできればセットで入れたいところ。
ドローしたら握っておき、ナナが揃えば出すくらい考えでいいと思われ。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<涼宮ハルヒの憂鬱カード考察 その22 | HOME | もっとTo LOVEるカード考察 その6>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。