らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もっとTo LOVEるカード考察 その6

       

ベンチにパートナーがいればサポートしたとき2000パンプするナナ
よくあるリングにパートナーがいれば~ではなく、今回はベンチ参照。
この場合、いかにベンチにパートナーを置きやすいかといところが重要になってくるのだが、ナナのパートナーは限定条件ありの自身バウンス。
この作品がドロソがなく、ビートするだけのデッキなので、比較的手札が減りやすく、条件はそこそこ満たせそうな気はする。ただ、あくまでスパーク次第であり、常時手札1枚以下は除去されたときのリカバリーも面倒なので総合的に見るとやや不安なカード。
ただ、ナナとモモを1枚ずつ置いてあとはひたすらキャンセル握って耐久も見込めなくはないので決まれば強いかなぁ程度でいいと思う。
まぁ、ToLOVEる自体はリトでパートナーゲーしてたほうが強いと思うので、うまく揃えばいいねくらいの感覚で入れてみていいと思う。
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もっとTo LOVEるカード考察 その7 | HOME | ブシメルマガの最大点数について>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。