らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遊戯王5D's 第140話 「魂縛門! 封じられた未来!」

遊戯王14001


新たなBF、「BF-竜巻のハリケーン」
さすがに捻りもなにもなくてワロタwww
そろそろアニメ終わるし、BFネタのストック切れだろうか?

──────────────────────────────────────
魂縛門
遊戯王14000
自分のライフポイント未満の攻撃力を持つモンスターを召喚したとき、そのモンスターを破壊し、お互いに800ポイントのダメージを受ける。

ガチッガチの環境メタでしたww
なにこれ、チューナー潰しもいいところじゃないの。
というか、ライフ4000でやってるからいいものの、ライフ8000でやったら、もうどしようもなかったww
ちなみに、どうみても機皇帝向けの効果なのだが、自分のライフと同値になるグランエルに使うと、魂縛門はライフ未満の攻撃力が対象なので、恐ろしいくらいに噛み合ってる。
あの試合がスピードワールド2というフィールド魔法があったから仕方ないが、もし、ライフ12000でグランエル出されて魂縛門使われてたら、絶対に遊星たち勝てなかったよねww


時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール
遊戯王14002
闇属性・魔法使い族・星8・ATK/2900・DEF/0
1ターンに1度、1ターン前の相手フィールド上に存在し墓地へ送られたモンスター1体を、相手の墓地から自分フィールド上に特殊召喚することができる。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

何コレ強くね?
相手依存だけど、ノーコストリアニメイト効果が弱いわけがなくて。
まぁ、エンド時破壊だけど、要するにチューナー釣ってこいという話なので。
ただ、このカードは後出し理論的なもんなので、相手がシンクロした返しのターンで、コレ出して、チューナー釣って、別のシンクロに繋げて1ターンで終わらすのが理想。
そうでなくても、こちらが能動的に相手ターン中に罠でシンクロモンスター除去して、釣ってきてもいいので、凡用性はやばい。
まぁ、釣ってきたモンスターを脱出装置でハンド戻されたら圧敗なんだけどねw
ただ、個人的に強いと思ったのは、このカードじゃなくて、効果で破壊されたときにデッキからコイツを特殊召喚する「死の花-ネクロ・フルール」なんだけれど(笑


BF-竜巻のハリケーン
遊戯王14003
闇属性・鳥獣族・星1・チューナー・ATK/0・DEF/0
このカードの攻撃力はフィールド上のシンクロモンスターと同じになる。

名前が安直すぎるwww
もはや、ひねりも何もないやんww
そして、効果も捻りがないとかやばいね。
シュラと旋風の新しいサーチ対象でもあるし、何より、シンクロのしやすいBFでシンクロと攻撃力が同じになるとか、サブアタッカーとして有能すぎ。
シンクロモンスター置いてからのシュラパンチで出してブーンができてたら環境壊れたました。
ただ、ヴァーユからシンクロして、通常召喚でこれ出すだけでも十分強いと思うけど。


クロウ先生の人生論
遊戯王14004
ク:「どうして分かってくれねぇんだ、シェリー!俺達が今を懸命に生きるのは、たった一度しか命がないからじゃないか!過去に戻ってやり直しても意味がねぇんだ!そう思えば、どんなに辛いことや悲しいことがあっても、未来を信じて生きて行くしかねぇんだよ!」
だからシェリーは未来に失望してんじゃないの?
さすがに根本から意見食い違っててワロタ。
というか、シェリーの話しを聞いてると、別に過去に戻って両親と死なない世界で暮らすとかそういう事じゃなくて、過去を変えて、今に両親が生きてることにしたいんじゃないの?
未来に希望が沸かないから今がどうなってもいいという理論と、未来に希望をいだいて今を大事にする理論はさすがに相容れないと思うんだけど。


シナリオ:4
構成:3
作画:3
萌え:3
面白さ:3
シリアス:3
声優:3



↓よければ一押し(ポ)




にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト
遊戯王5D's  | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブラック★ロックシューターカード考察 その1 | HOME | うわぁ、何この既視感。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。