らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブレイクブレイドカード考察 その1

       

限定的なトップ確認効果と除去耐性効果を持つライガット。
どちらもパートナーがいるときのみという条件だが、それでも破格な効果だと思われる。
前者効果だが、単なるトップ確認ではなく、トップ2枚からの選択であるため、よくあるトップ確認してデッキ底送りよりも運要素は削れるのは良いこと。効果的には椎名真冬-ブルマ少女-に近いが、あちらが、相手ターンにスパークして、結局ドローしてしまうことが多いため、こちらのアタックフェイズの始めというタイミングは非常に重要。
後者はよくある除去耐性だが、パートナーまで除去されないという点は非常に優秀。
全除去後の確実な1タテが望める差は攻める上でもかなり重要だと思う。
とはいえ、どちらもパートナーがそろっていないとベンチを圧迫するだけのカードとなってしまうので、この弾にサーチがあるかないかがかなりの鍵とみていいだろう。
まぁ、自引きできる人はそれでいいんだけどねw
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブレイクブレイドカード考察 その2 | HOME | 探偵オペラ ミルキィホームズカード考察 その23>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。