fc2ブログ

らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版カード考察 その12

       

チェンジか手札から置かれたときに2ドロー1ディスと、経験4でパワー+1500とアンタッチャブル効果。
雷光しかり、アンタッチャブル効果と回復は兼用されないみたい。
こいつのチェンジがどこのレベル帯からなのかは分からないが、早々に手札きってチェンジするのならば、このドロー効果はなかなか優秀だと思われる。とにかく、アンタッチャブル効果とパワーと合わせて、早く出せるのなら早く出しただけアドがとり安い1枚。雷光のチェンジはさすがにキツイところもあったが、こちらはリカバリーがしやすいため、チェンジで出したい部類だと思われる。逆に雷光のように終盤で引いても逆転を生みやすいカードではないので、チェンジ元を使わない構築は避けたほうがいいと思われる。
というか、せっかくtipドローもっているんだから、対応CX引いてこれるという意味も込めてCX効果付けてもRRとしては問題なかった気がするんだが、そこんとこどうなのだろうか?
スポンサーサイト




ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<遊戯王5D's 第135話 「絶望の魔人! 機皇神マシニクルインフィニティ・キュービック」 | HOME | みつどもえカード考察 その9>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |