らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

D.C. D.C.II プラスコミュニケーションカード考察 その4

       

アタック時に手札の対応CX1枚切ると、《たとえ話》か《委員長》を2枚までサーチできる効果と、死んだときに、1コストで思い出送りにできる効果を持つ。
前者の効果は1コスト+対応CXであり、尚且つ特徴が指定はされているが、それでもハンドアドが+1であり、また、《委員長》を引っ張ってこれる点はかなり優秀。
サーチ効果はいかにデッキが残っている状態で使えるかであるため、1レベルで使えるのはかなり重要。
また、思い出効果も付随しているため非常に腐りにくい。
とりあえず、まひるを初めて強いと感じた今日この頃ww
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<迷い猫オーバーラン!カード考察 その16 | HOME | 迷い猫オーバーラン!カード考察 その15>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。