らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CLANNAD vol.03カード考察 その14

       

思い出に飛んでいく効果と、記憶をあわせ持つ0キャラ。
記憶に関しては、条件はかなり緩く、効果を発動させやすい。
また、その効果も1コストで2体までをアンコールできるため優秀であると言える。
相手のアンコールステップ時のみとやや限定的ではあるものの、自ターン中はサイドなりなんなりでいくらでもやり過ごせるので、むしろ楽と言える。
ぺらぺらクマの4コストに比べたらいかに安いか。
また、うみのあおにもと比べてもいかにキャラなのがありがたいかがよくわかる。
実際、自身も思い出に飛んでいくので、複数積んで、そのうちの1枚を思い出に、残りは控え室などから回收でもしておけば使い回しが効きやすいのも○。
また、自身のレベルが0であるため、スペースを作りやすく、どのデッキにも入れる余地があるというのはいいことだと思う。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Ipod買い直しました | HOME | CLANNAD vol.03カード考察 その13>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。