らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コミックブレイドカード考察 その14

       

予想通りRRのパートナーがRRだった件。
が、やっぱり弱いことが書いていないのでなんだかなぁ。
1つ目の効果は、スタンドしているマナ1枚につき「水無灯里」を+500/+500する。
パートナーの灯里だけじゃなく、とりあえず、水無灯里ならなんでもいいので、幅が広がるのは助かる。
ちなみに、パートナーの灯里は素で5000あるので、下手したら相当ひどいことになるかもしれない。
2つめの効果は、1コスト払うとこのカードが相手の効果の対象にならなくなるという話。
1つ目の効果とアンシナジーだが、そこの折り合いはなんとかしたいものである。
とりあえず、灯里系をメインで組む場合はひたすらコストがかかるので、手札補充手段がないと相当厳しくなると思われる(´;ω;`)
スポンサーサイト

ヴィクトリースパーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CLANNAD vol.03カード考察 その4 | HOME | CLANNAD vol.03カード考察 その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。