らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

超電磁砲&禁書目録カード考察 その14

       

相手リバースさせたらノーコストでキャラ回收とCXシナジーで2000パンプ+アンコールフェイズ時に手札に戻せる効果を持っている。
効果だけをみたら、さすがRRとも思えなくはないのだが、いかんせん、あまりにもステータスが弱すぎる。
ノーコストで回收できたとしても、実質出すのに2コスト使っているため、まったく割にあっていない。元を取るためにも、最低2体は倒したいが、それを可能にするだけのパワーがない。
幸い倒すキャラのレベル制限はないため、レベル0キャラを倒して回收ができるが、バニラに3000カウンター打たれただけで死ぬとか書いてあるので、怖すぎてなにもできないww
CX効果では2000パンプはできるが、それでも7500と頼りなさ過ぎる上に、アンコールフェイズ時に手札に戻せるとあるも、つまりはリバースしたときの保険であり、まったく回收効果と噛みあっていない。(相手ターン中に逃げられるという意味もあるが、2コスト払ってまた出すのもバカらしい)
相手にカウンター使わせてやったぜ!ヒャッハー!とも言えなくはないが、結局、これを出すのに2コストかかっている時点で美味しくもなんとも無い。
総じて使い勝手が悪い子。どうやら、今回も赤のRRはハズレがあるらしい。
スポンサーサイト

ヴァイスシュヴァルツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いつかこうなるとは思ってました。 | HOME | 遊戯王5D's 第103話 「戦いの果てに得たもの」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。