fc2ブログ

らしんばん@うぇーぶ

アニメとカードゲームと稚拙な日記が生み出す腐界へようこそ。基本的に男の娘を全力推ししてますが、ノークレームノーリターンで(´・ω・`)

げんしけん2 第2話 「会議はモメル」

(画像タイトル)

オギフラグ早すぎるぅぅう!!!
──────────────────────────────────────
いやはや、更新ペースが週1にもどりつつある・・・。
というか、パソコンをつけるのが週1になりつつある今日この頃。
ああ、妥協して指定校推薦を取っておくべきだったと今更後悔してるわけですが、まぁ、これを書いてるだけでも、まだアニオタやってる実感を感じられるわけで。

さて、そんなことより内容ですが・・・

なに、このイクストリームにアンマッチなOPは・・・・
ここまで内容とそぐわないOPでもなんだか許せてしまうのもげんしけんならではなんでしょうか?
でも、何だかんだいって、斑目と笹原のからみは描かれてるわけで、そういった点ではあながち間違いではないんでしょうけど・・・
ちなみに、組み合わせで1期もOVAもmanzoxアツミサオリだったのになんでいきなり美郷あきxゆうまおにかえるんかな?
こういうとこはやっぱ受け継いで欲しいところなんですけどね・・・・。まぁ、諸般の事情ですか。


というわけで、本編です。

第一回 緊急コミフェス対策原稿ほとんどできてねぇよ会議。
(画像タイトル)

いや、こんな重く、長く描いてくれるとは・・・予想外ですた。
漫画ではあくまでセリフでしか回想が描かれていませんでしたが、まさかこんな大変な1ヶ月だったとは・・・。
が、、まぁぶっちゃけた話、クガピーがまともに活躍(?)するのはこれで最後ですので仕方なく付き合えwww
というのは、分かっていても、どう考えてもクガピーの責任としか思えない会議です。
まぁ、たしかに就活は大変だと思いますが、それでもあの反応はひどすぎる。
しかし、これのおかげで、笹原は編集者としてのタブーを『作家のやる気をなくさせること』と気づくきっかけになったので、笹原にとってこれは通過儀礼ではあったわけです。
ま、でもとりあえず、人として、ここまで盛り上がっておいて、やる気がなくなったってのはやっちゃいけない気がするんですけどね。


まさかまさかのくじアンエロシーン・・・。
(画像タイトル)

できるわぁ・・・って感心しました。
本気で小清水女史を引っ張ってくるとは、予想外。
もう、ここまでやるならもっといけるトコ限界までやって欲しかったデスネ。
しかし、それにもまして、同人誌で見るならまだしも、プロが作った動画でこういうのが見れたってのはすごく嬉しかった。
というか、もうOVAつくれぇい!!

な、なんとオギフラグが早くも・・・
(画像タイトル)

まさかまさかこんなところにオギフラグを持ってくるとは・・・。
たしかに、笹原側のオギフラグってのは漫画だとあんまり立っていなかったので、逆に、この段階ですでに気持ちがこっちよりだったってシーンは新鮮でよかったと思う。
漫画どうりに進んでいくとしばらくはオギ側の笹原フラグ(咲ちゃんが勝手にやってる気配がありますが)が続くと思いますが、これを見る限りではもっとお互いが意識するようなシーンがありそうです。
ま、我々は微笑ましく見守るしかできないんですけどね。
ところで、オギーは問題なく書いてましたが、女氏にとってBL系の本を書くのと男女のエロ本書くのとで意識に違いはあるんでしょうか。
たぶん、男に普通のエロ本と百合本書けってのはそんな抵抗はないとおもうんですが(俺だけだったらいやだなぁ)ね。
ま、どこまでいったて、男は女を理解できないモンですから、仕方ないです。

とまぁ、今回はこんな感じ。
今現在、1話につき漫画1話を対消化しているわけですが、このペースでおわるんかな。
よくはしらないですが、今回は2クールなんでしょうか。というか、2クールじゃないと終わらないだろう。


シナリオ:5
萌え:2
面白さ:3
シリアス:4
声優:3


↓よければ一押し(ポ)





にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



げんしけん2 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<げんしけん2 第3話 「アツい夏の一日」 | HOME | げんしけん2 第1話 「新会長のココロザシ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |